• ホーム
  • 避妊薬のヤスミンを服用した後の効果と副作用はどうなのかについて

避妊薬のヤスミンを服用した後の効果と副作用はどうなのかについて

薬の瓶とすり鉢

低用量ピルを服用しているかたの中には、避妊の効果は得られてもむくみなどの副作用で悩まされているというケースも見られます。避妊効果は得られたとしても、手足がむくんでいると太って見えるなどの理由で服用を続けるか迷っているという方もいるかもしれません。そのような場合は、低用量ピルの服用を辞めるのではなく別の種類を飲んでみるのも1つの手です。

そもそも低用量ピルといっても、さまざまな種類の薬が存在しています。薬の種類が異なっていても、避妊の効果が得られるという点には違いがあります。そのため副作用などの問題で体質に合わないと感じるのであれば、違う種類のものに変えるのも選択肢の1つです。

例えば副作用の問題が気になっている方が注目すべき低用量ピルの1つに、ヤスミンがあげられます。ヤスミンの特徴の1つが、むくみや体重増加などの女性が気になる副作用を無くすために開発されたという点です。そのためむくみが気になってピルの服用を続けるか迷っている方には、ヤスミンは試してみるべき選択肢となるのです。

そもそも低用量ピルに含まれている卵胞ホルモンには、体内に水分を蓄える働きがあります。体内に水分を蓄える役割があれば、むくみなどにつながってしまうのは仕方がないことです。そこでヤスミンでは、むくみに対処するためにドロスピレノンという利尿作用のある黄体ホルモンが含まれています。ドロスピレノンの利尿作用が上手に働くことによって、体内に余分な水分をため込む心配はなくなります。その結果、女性が気になるむくみの問題も解消することができるのです。

副作用が少ない低用量ピルといわれると、避妊の効果などが低いというイメージを持つ方もいるでしょう。ですが副作用が少ないからといって、避妊の効果が下がるということはありません。ほかの低用量ピルと同じように、ヤスミンでは高い避妊効果を期待することが可能です。

また、むくみだけではなく、ニキビなどの症状に悩む方にも注目されているというのもポイントの1つです。低用量ピルの中には、飲むことでニキビが増えるなどの悩みを持っている方もいます。お腹のガスが増えるのが気になるという方もいるでしょう。ヤスミンにはそれらの悩みを解決できる可能性があるため、何らかの副作用に悩んでいるのなら低用量ピルの種類の変更を考えることも大切です。副作用が本当にないか気になる方は、実際に服用している方の口コミを参考にすることも可能です。