• ホーム
  • 避妊ピルのノベロンは飲み方で効果はどれくらい変わってくるのか

避妊ピルのノベロンは飲み方で効果はどれくらい変わってくるのか

考える女性

避妊ピルであるノベロンを服用するという場合には、いくつか注意しなければならない点があります。その注意点の1つが、間違った飲み方をすると効果が期待できなくなる可能性があるという点です。そもそも避妊のためのピルだからといって、1日だけ飲めばOKというものではありません。決められた期間は連続で服用する必要があるという点を押さえておきましょう。

ノベロンの基本的な飲み方は、月経の1日目から服用をスタートさせることになります。1日目に飲み始めた場合には、その日から効果が期待できるというのがポイントの1つです。一方で月経の2~7日目で服用を開始したのであれば、避妊効果が得られるのは1週間後になるので注意が必要です。もしも効果が期待できない場合には、ほかの避妊法と併用するのも1つの手です。

また避妊効果を維持するために大切な点が、飲み忘れないようにするという点です。例えば毎日寝る前に飲むようというようにタイミングを決めることで、飲み忘れを防ぐことにもつながります。しかし気を付けているつもりでも、仕事で疲れているなどの理由で飲み忘れてしまうこともあるでしょう。万が一服用をし損ねた日があったときに備えて、どのように対応したらいいのか確認しておくことも必要です。

服用を忘れたのに気が付いたのが24時間以内なら、気づいたタイミングに飲み忘れた分を飲むことも可能です。そしていつものタイミングでその日の分を服用するようにしましょう。1日2錠分飲む日ができてしまいますが、24時間以内に気づいたのであれば問題なく対応できます。しかし飲み忘れに気が付いたのが24時間以上立ってからならば、服用を7日間中止して新しいシートの1錠目から再び使用するなどの対応が必要です。

毎日飲むタイミングがバラバラ、もしくは1日置きに飲んでいるというような場合だとノベロンの本来の効果が期待しにくくなります。ホルモンバランスを安定させ薬の効果を得るためには、できる限り毎日同じ時間に飲むことが大切です。子宮内膜症や更年期障害の予防にもつながることなので、決められた飲み方を守ることを忘れないようにしましょう。

また飲み方で注意が必要な点の1つに、併用の問題があげられます。病院から処方されている薬がある場合、飲み合わせによっては併用リスクが出てきます。何らかの処方薬を飲んでいるのであれば、ノベロンと併用しても問題ないか医師や薬剤師に相談するようにしましょう。